MeeMee

ガジェットとネット動画を楽しむモノ好きMeeMee

生活・田舎暮らし

収入印紙の購入場所!高額印紙はコンビニでも買える?

更新日:

領収書やパスポート、契約書などに必要な収入印紙を買うことが出来る場所

いつも急に必要になる収入印紙がどこで購入できるかを調べました。

郵便局やコンビニだけではなく、パスポート申請などの用途に合わせた場所でも購入することが出来るようです。

また、間違って買った場合にはどうするかなど、トラブルについても調べています。

 

収入印紙が購入できる場

沢山の場面で必要な収入印紙ですが、用途によって便利に買うことが出来る場所があります。

また、収入印紙は国税のために、どこで買ったとしても全国共通で使うことができます。

ただし、高額の印紙となると購入場所が限られてくるようです・

 

郵便局

郵便局では額面が1円のものから10万円のものまで、全31種類の収入印紙を購入できます。

とくに高額の収入印紙を手軽に「確実」に買える場所は事実上、郵便局だけではないでしょうか。

 

通常の営業時間のほか、ゆうゆう窓口がある郵便局では、休日や夜遅くまで収入印紙を買うことができます。大きな郵便局では、ゆうゆう窓口が24時間空いているところもあって便利です。念の為にお近くの郵便局の営業時間を知って置かれるといいですね。

 

注意点としては

規模の小さな郵便局や簡易郵便局では、取扱いの種類が少なく、もしかしたら200円のものしか扱っていない場合がありますのでご注意下さい!

私は10円の収入印紙が近所の小さな郵便局では買えなかった経験があります。

 

コンビニ

200円額面の収入印紙を購入するのに、一番いい場所が場所がコンビニです。

各コンビニチェーンで取扱がありますので店舗数も多いですし、何より休日がないことと24時間営業ですのでいつでも買えますね。

唯一の弱点

それは、大抵の店舗では額面200円のものに限られてしまうことです。一度だけ3000円以上の印紙をかおうとしたら、取扱いが無いと言われてしまいました。

200円の印紙であれば、コンビニチェーンならば大体置いてあると思っていいと思います。

ちなみに、セブン・ローソン、ファミマ、セコマ、セーブオンなどで収入印紙を確認しましたよ!

 

市役所・パスポートセンター

収入印紙はパスポートを取得する時に必ず買わなければいけないものですので、市役所の窓口やパスポートセンターには大抵置いてあります。もしくは、近くに「印紙売りさばき所」がありますね。

パスポート(旅券)には10年のもので14000円の収入印紙が必要となりますので、売っているかわからない場合は、最初のパスポート申請の時に窓口の人に取扱があるか相談されると良いと思います。印紙はパスポートを受け取る時に貼り付けます。(同じく、収入証紙も売ってあると思います。)

 

金券ショップ

わずかですが安く買えるのが金券ショップです。200円のものでしたら195円とかそれくらいで売られていますので、数多く必要とされる場合には良いかと思います。とくに、課税事業者の方であれば消費税分は還付を受けられるようですので、節税対策をしている法人には良いかもしれません。

弱点は、やはりメインは200円のもので、その他の金額は置いてある可能性が低いところです。時々でも収入印紙を使う予定があれば、根気よく覗いみてるのも手です。

 

ヤフオク

収入印紙はヤフオクでも多く出品されていますね。注意するのは、ちゃんと写真を見たり、質問をして未使用かどうかを聞いてみることです。コレクション品のようなものも出品されています。

メルカリでは数年前から収入印紙の出品は禁止になっていて、出品されてもすぐに運営より取り消されていました。

 

法務局

法務局は土地の登記や会社の定款の書き換えなどで収入印紙が必要になりますので、法務局でも売られています。(どうやら法務局の職員ではなく、別の団体へ委託されて売られているような気がしました)。法務局の外で売られているところもあるようです。

何度か法務局には定款の書き換えなどで行きましたが、収入印紙は割と高いものを使いますし、色々間違えてはいけないので緊張しました。

 

裁判所内・弁護士会館内

私は利用したことがないのですが、裁判の手数料として支払うための収入印紙は裁判所内で買うことが出来るようです。ただ、一部の裁判所内では取扱がない場合がありますので、裁判所窓口にご相談下さい。

【裁判所 手数料

また、裁判所近くにある弁護士会館内で販売している場合もあります。(例:旭川弁護士会館)

(豆知識 弁護士が発行する領収書は印紙税の課税対象ではないので、弁護士から貰う領収書には収入印紙は貼られていません。)

 

以上が、収入印紙を販売している場所です。

このうち、郵便局(日本郵政)が印紙などを売りさばくことを委託している「コンビニや一般のお店など」の収入印紙を売っている場所のことを「売りさばき所」といいます。十分に信用できる場所にしか委託されませんので安心して買うことができます。なお、非課税です。

切手などの販売に関する法律

 

つぎに、収入印紙の額面金額を間違って買ってしまった場合の対処の方法です。

 

収入印紙を間違って買った時の交換方法と還付

郵便局で他の収入印紙と交換

さて、無事に収入印紙を購入できた…と思った矢先に

あ、金額を間違えた

ということが起こるかもしれませんね。

 

収入印紙は使用前であって汚染や損傷がない場合は郵便局で1枚につき5円の手数料はかかりますが他の額面の収入印紙と交換することができます。ただし、現金が払い戻されるわけではありませんので、購入時に十分気をつけられて下さい。★ゆうゆう窓口では交換出来ません★

【郵便局 誤った額面の収入印紙を購入した場合

 

税務署での還付

領収書などの課税文書に間違って高額の収入印紙を貼り付けた場合、「過誤納金」として還付が行われています。

ただし、既に相手方に渡った領収書では還付が出来ないようです。(割り印が押された時点で還付は駄目なのかもしれませんね。税務署にご相談下さい)

【国税庁 印紙税の還付

 

高額額面の収入印紙の購入

高額な額面の収入印紙は購入できる場所が限られていて、定款や契約書で必要な場合は法務局や郵便局で購入するのがベストだと考えます。

コンビニでの扱いはほぼ200円のものだけと考えられて下さい。

収入印紙の種類

通常私達が見かけるのは領収書に貼り付けられる200円のものばかりですが、収入印紙は国に収める手数料の支払いにも使われますので、細かいものから高額のものまで31種類が発行されています。

収入印紙の額面(円)
1・2・5・10・20・30・40・50・60・80
100・120・200・300・400・500・600
1000・2,000・3,000・4,000・5,000・6,000・8,000
10,000・20,000・30,000・40,000・50,000・60,000・100,000

1円や2円の額面があるのは、細かい手数料があるからだと思います

一般的には5万円からの領収書に貼る200円の収入印紙の扱いが一番多いと思います。以前は3万円からでしたので、今でもそう思われている方も少なくありませんが、現在は5万円からになっています。

裁判の場合は手数料が高額になる場合もあるようで、その場合(100万円を超える場合)は収入印紙の代わりに現金での支払いも可能なようです。(裁判所のサイト

 

収入印紙と収入証紙

名前が似ているので間違えやすいのですが、収入証紙はなかなか聞かないものです。

その違いは

  • 収入印紙 = 国に支払うもの
  • 収入証紙 = 都道府県に支払うもの

です

収入証紙は東京と広島では廃止されていますね。

収入印紙は郵便局で買えますが、収入証紙は郵便局では買うことができず、各自治体で定めた場所でしか買うことが出来ません。また、例えば「奈良県収入証紙」のように、都道府県の名前が入りますので、購入した自治体がある都道府県でしか使うことができません。2017年現在、収入証紙はメルカリに出品されているのですが、こういった事情があるために、ネットでは買わないほうが懸命です。

 

収入印紙の最高額面の使いみち

私が普段買う収入印紙はせいぜい200円なのですが、世の中には高額な額面の収入印紙が存在します。

その金額は…10万円!

収入印紙は領収書に貼るだけではなく、例えば不動産や航空機の売買契約書や工事請負契約書にも貼られるために、契約金額が50億円を超えるものとして60万円までが決められています。その他には、裁判の手数料もありますね。

 

売買代金に関わる受領書の場合、10万円の収入印紙が使える領収書は3億円を超えるものからになります。5億円以下までなら10万円で済むみたいです。

一度そんなお金を現金で支払って10万円の収入印紙を見てみたいものですね。いえ、逆に10万円の収入印紙を貼り付けて領収書を渡してみたいです。

 

まとめ

以上収入印紙が買える場所と、収入印紙にまつわるあれこれでした。

収入印紙が買える場所をまとめると

  • 収入印紙は全国共通
  • 郵便局の大きいところなら全額面がある
  • 額面200円ならコンビニがベスト
  • 他にも様ざなま場所で買うことが出来る
  • 「収入印紙」の看板があるお店-ほぼ200円?
  • 金券ショップは会社で買うときには節税になる

 

このような感じです。

事務のお仕事や営業、商売などをしていないとなかなか目にする機会もない収入印紙ですが、急に使う時が来たりしますので、その時のご参考になれば幸いです。

-生活・田舎暮らし

Copyright© MeeMee , 2018 All Rights Reserved.