日常テック

PC・スマホ生活のhowto

PC&スマホ

Really Simple CSV ImporterはスプレッドシートとLibreOffice Calcで作ったCSVで成功

更新日:

Really Simple CSV Importerを使い、WordPressの記事作製や更新をCSVデータからインポートして行っています。

LibreOffice Calcを使うことで成功しましたので、手順を書きます。

Really Simple CSV Importerで読み込めるCSVデータをつくってインポート

エクセルやスプレッドシートでCSVデータを作製

最初にCSVデータを作ります。

この時、Really Simple CSV Importerのサンプルデータにあるヘッド部分がとても大切ですので、ヘッドの部分はサンプルの順序でデータを作っていきます。

サンプルデータは、ワードプレスの「ツール」→「インポート」→「CSV」のインポーターの実行を押した場所にリンクがありますので、御覧ください。

また、公式解説記事 Really Simple CSV Importerも合わせて読まれるといいです。

ヘッド部分は以下のようになっています

  • post_id WPの投稿ID
  • post_name 投稿スラッグ
  • post_author admin
  • post_date 投稿日時
  • post_type 記事or固定ページ
  • post_status 公開or非公開
  • post_title 記事のタイトル
  • post_content 記事内容
  • post_category 記事カテゴリー
  • post_tags 記事のタグ
  • post_excerpt 抜粋

各項目がどのようになっているのか、どのように書けば良いのかは作者のページやサンプルを見ていただければわかりますが、このリストの順番でヘッドを作り、各項目を埋めていくことが大切です。

データが出来上がったら、「,」カンマ区切りのcsvで保存してください。

文字セットはUTF-8が良いですが、LibreOffice Calcで保存する時に変更もできます。

LibreOffice Calcにインポートして別名で保存

作者はLibreOffice Calcを推奨されていますので、このソフトを使います。

  1. LibreOffice CalcにCSVをインポート
  2. データが上手くインポートできているか確認する
  3. 名前を付けて保存→「ファイル名に拡張子を付ける」と「フィルター設定を編集する」の両方にチェック→保存を押す
  4. テキストCSV形式を使用」を押す
  5. 文字エンコーディング「Unicode(UTF-8)」
    フィールドの区切り記号「,」
    区切り文字「"」
    セルの内容を表示通りに保存にチェック
    すべてのテキストのセルを引用符で囲むにチェック
  6. OKを押す

これで、Really Simple CSV Importerの仕様通りのCSVファイルが出来ます。

Really Simple CSV ImporterでWPにCSVデータインポート

  1. ワードプレスの「ツール」→「インポート」→「CSV」のインポーターの実行をクリック
  2. ファイルを選択で、作成したCSVファイルを選択する
  3. ファイルをアップロードしてインポートをクリック
  4. すべて完了しました。と表示されたら正常に投稿されているはずです。

管理画面の投稿一覧などでご確認ください。

もし、失敗していたら、CSVのデータの作り方が間違っているということですので、サンプルデータとよく照らし合わせてください。

以下は、使い方とトラブルシューティングを分かる範囲で記しています。

WordPressへのCSVでのインポート前の注意点

Really Simple CSV Importerを有効化すると、WordPressのメニューツール→インポートにCSV インポーターの実行が追加されています。ここをクリックします。

説明文には

1.文字セットにUTF-8を選択してください。
2.フィールド区切りに "," を使用してください。
3.全てのテキストセルを引用符で囲ってください。

補足すると

  1. 文字セットにUTF-8を選択してください。
    UTF-8はいわゆる(UTF-8N)でBOM無しのものです。TeraPadなどの文字コード制定保存のときはUTF-8Nで保存してください。
  2. フィールド区切りに ","(カンマ) を使用してください。
  3. 全てのテキストセルを引用符(ダブルクオーテーション)で囲ってください。
  4. CSVの1行目はヘッドです。
    WPの「CSVをインポート」からサンプルCSVファイルがダウンロードできますので、このファイルの1行目に合わせてCSVデータ作ると、成功します。

このような感じです。

データの作成

前項に書いたとおりにCSVデータを作りましょう。

Really Simple CSV Importer作者の記事を見ると、エクセルで作って保存したCSVファイルではインポートに失敗すると思われます。

Really Simple CSV Importerで失敗する時はどうしたら良いか

Really Simple CSV ImporterでCSVインポートに失敗する時、データの作成が間違っている可能性が大いにあります。

  • エクセルで作ったデータは、LiberaOfficeで項目にダブルクォーテーションUTF-8で保存をしている
  • WordPressの「CSVをインポート」からダウンロードできるサンプルCSVファイルのヘッド行の通りの順番にデータを作成している

たったこれだけで、CSVでのインポートが出来ます。

自分独自の方法を使わずに、仕様どおりに行えばできる可能性が高まります。

-PC&スマホ

Copyright© 日常テック , 2021 All Rights Reserved.