MeeMee

ガジェットとネット動画を楽しみたい

PC&スマホ

DSDVスマホでFOMAバリュープラン通話+格安sim通信ができた設定。ドコモショップでnanoSIMに変更

DSDV対応のasusのZenFoneMax(M2)を使って

  • fomaのタイプssバリューで通話とsms
    バリュープランでの移行可能
  • 格安sim(mineo)で通信

これができました。

料金は

  • ドコモ 934円(ひとりでも割50)
  • 格安sim(mineo)に993円
  • 合計‭1,927‬円

通話を1000円(約25分)以内に抑えることができれば、毎月2000円以内になります。

なお

  • キャリアメールは使わない
  • 既にバリュープランでドコモケータイを使っている人

が条件となります。

★令和2年の現在、ドコモでは新規でバリュープランに加入することができません。

★キャリアメールはiモードやspモードでネットに繋いで設定ができるのですが、設定のためだけに3G専用のスマホやガラホが別途必要ですので、私は使わなくなりました。

キャリアメールを使うための設定はわかりませんので、ググッて調べられてください。

★ご注意・免責★
以下に、設定などの手順を書いていきますが、ご自身の責任において、設定して使うことが前提です。一切の責任は負えません。分からない方は、素直にドコモのギガホなどに加入されてください。

DSDVスマホでfomaバリュープラン+格安simを使う方法

条件と手順をまとめます

条件

  1. DSDV対応のスマホを持っている
  2. fomaのバリュープランに加入している
  3. MVNO(格安sim)の会社と契約している

手順

  1. foma simをスマホに入れる(念の為データ通信は切っておく)
  2. MVNO(格安sim)のsimをスマホに入れる(データ通信可能にする)

以上なのですが、私の条件で行ったことを書いていきます。

DSDVのスマホを選ぶ

私は、freetel priori2(スマホ)を通話+simフリー機をデータ通信の2台持ちでしたので、1台持ちにしたくて行いました。

そこで、DSDVが出来るスマホasusのZenFoneMax(M2)を選びました。

fomaの標準simをnanoSIMに変えてもらう

一番の難関と思われるのがドコモショップでのsimサイズ交換です。

ドコモショップに行って、これまで使っていた標準サイズのsimをnanoSIMに変えてもらいます。

あらゆるブログを見ると、ドコモショップによって対応が違うことがわかりましたが、近くのショップの店員さんの状況が分からないので、とりあえず行ってみることにしました。

 

1件目のドコモショップ 
simの交換後はどういったもので使われますか?と聞かれたので、「スマホで使います」と言ったら、奥で確認されたあと

「Xi契約にしないとスマホでは使えません。契約変更の手数料がかかって月々の料金が高くなりますが、今のプランを解約してXiにされないのであれば、simの交換はできかねます」

と、はっきり言われました。

会話はあったのですが、条件は変えられないようなのでドコモショップをでました。

NG:店員さんの言葉に押されてXi契約にしたら計画失敗です。強い心を持ちます。

 

★ドコモショップ店員さんは、ドコモの契約のことは分かられますが、他社のこと、simフリーのスマホのこと、DSDVのことなどは全く知識がないと思われてください。

★苛烈なカスタマークレームが多い現在。店員さんによってはクレームに備えて、分からないことは出来ないという守りが強い感じです。その気持ち、存分にわかりますね。

 

2件目の前
ZenFoneMax(M2)がfomaの電波に対応しているということを調べ、過去にあった、「持ち込みスマホでもfomaのタイプバリュー新規契約」ができたというのを印刷して準備万端。ドコモショップの来店予約項目はオプション品を購入にしました。

★なぜ過去かというと、現在、タイプバリューの新規契約はできないからです。

 

2件目のドコモショップ
ここでも「交換後はどういったものでお使いですか?」ときかれたので、(いわれてもいないのに自ら技適マークを見せながら)「このスマホで使います」というと

「fomaのままだと、スマホでは使えませんとしか言えません」との返答

それに対して「このスマホはfomaに対応していますし、出来ると思いますが」と弱々しく言ったところ、店員さんは「確認してみます」といわれて奥へ。

センターに確認されたみたいで

「foma契約のままでnanoSIMに変更できますが、お客様の責任でお使いになられるということが条件になります」「万がいち、お使いのスマホで通話できないなどのトラブルがあっても、責任は負いかねます」

と話されました。

そこで、

私「通話できなかったら他のドコモのケータイで使います」と言ったら

nanoSIMに変えてもらえました。

標準simの返却は、店員さんに聞いたところ不要でした。

指定外デバイスの課金については、バリュープランですので、ないようです。

実際、料金明細には指定外デバイスについての記載はありません。

 

★パケ死に注意★想定外のデータ通信についての注意喚起★

スマホでfomaSIMを使われる場合、FOMA契約のsimでも3Gでデータ通信ができるスマホが存在します。モバイルデータ通信を許可するなど、設定を間違うと意図しない大量のパケット通信が行われて、いわゆる「パケ死」になり、パケホーダイ等に加入していないと数十万円の請求が待っています。

FOMAのsimをスマホで使われる場合、絶対にデータ通信をしない。気付かずにパケ死になっても自己責任ということは、知っておかれてください。

このことを知ると、ドコモショップの店員さん(や、これを書いている私)が慎重になられるわけがわかります。お金に関わることは苛烈なクレームになりやすいですからね。

わからないなら、ドコモのギガホに加入すべきです。むしろ、ギガホをおすすめします。データ通信に10万円など払わなくてすみます。

ちなみに、私の知る限りではドコモの3G専用のスマホや、simフリーのスマホでも過去に発売された3G専用ものは3G通信ができます。LTEに対応していない、3G通信までしか出来ないfreetel priori2で確認した記憶があります。

 

通話と通信・スマホの設定

ここまで以下の通り揃いました。

  • DSDV対応スマホ
  • fomaのnanoSIM
  • 格安sim(maineo)のnanoSIM

いよいよスマホにnanoSIMを入れて設定します。

simを入れる前に、念の為に「モバイルデータ通信」を切っておきます。

私は

  • sim1 fomaSIM
    通話とsms用(タイプssバリュー)
  • sim2 mineoSIM
    データ通信専用

このように入れています。simを入れると、maineoなどの格安simによってはNTT Docomoとスマホに表示されて混乱しますが、fomaSIMの番号がわかれば大丈夫です。

 

通話・sms用のsimとデータ専用simの設定の概要

simの設定は2段階あります

  1. 通話と通信をどちらのsimで使うかの設定
  2. ネットワーク設定

これによって、simの使い分けの設定ができます。

どちらも大切な設定ですので、慎重に忘れないように行ってください。

1.通話と通信をどちらのsimで使うかの設定

「設定」→「ネットワークとインターネット」→「デュアルSIMカード設定」

DSDVスマホでの通話用と通信用の2枚のsimの設定歩法

モバイルデータ通信・音声通話・SMSメッセージの各場所をタップすると

データ通信に使うsimのセレクト画面

このように選択画面が開くので

  • モバイルデータ通信→データ通信用の格安SIM
  • 音声通話→fomaSIM
  • SMSメッセージ→fomaSIM

このように設定してください。

maineoの場合、どちらもNTT Docomoになっていますのでわかりにくいですが、電話番号で判別します。

 

2.モバイルデータ通信の設定

simでデータ通信をするかどうかの設定です。

「詳細設定」もタップして全部を開いてください。

fomaSIM(通話・SMS)のモバイルデータ設定

データ通信をしないfomaSIMの方も「データ通信を行わない設定」を行います。

こちらは、データ通信を行わないので

モバイルデータはoffです。

以下の画像のような状態にしてください。

優先ネットワークタイプは触らなくてもいいとは思いますが、4Gを使いませんので2G/3Gにしています。

 

データ用simのモバイルデータ設定

こちらは、モバイルデータをonにします。

さらに、一番下にある「アクセスポイント名」も設定するのですが、現代のスマホは、自動的にアクセスポイントが設定されるものが多いです。

これまでの設定でデータ通信ができないときだけ設定でいいという感じです。

4G LTE拡張モードもそのままonで大丈夫のようです。

 

DSDV機のfomaバリュープラン設定&運用の注意事項

私の目的であった

  1. 1台のDSDV対応のスマホを使って
  2. fomaのタイプssバリューのsimと格安simを使って
  3. 月々2000円以内を目指す

これが実現できました。

私はギリギリまで安くスマホを使いたいと考えていますので、それが実現できる現在のドコモのシステムは本当に有り難いです。

 

ただし、私は上記のような設定でうまくいきましたが、記事途中にも書きましたとおり、このような設定はドコモとしても想定外だと考えられますので、全て自己責任での設定と運用されてください。

参考にされる方は、必ずこのことに注意されてください。ドコモも私も一切の責任は持てません。

ですが、私は希望通りに使えました。

-PC&スマホ

Copyright© MeeMee , 2020 All Rights Reserved.