MeeMee

ガジェットとネット動画を楽しみたい

PC&スマホ

LANやUSBやSSDなどのデータ転送スピード(理論値)の比較と実測

パソコンやスマホで使うwi-fi、USBメモリ、SSDなどなど

データの転送速度が大切なものって沢山ありますが、実際どれくらいなのかわかりにくいので表にしてまとめました。

データ転送の速さの単位には

  • bps = ビット毎秒
  • B/s = バイト毎秒

この2つがあって、一般の人にとって非常に分かりづらいです

単純に言うと、 バイト毎秒 = ビット毎秒 ÷ 8 です。

コレを元に、普段見かけるもので表を作ってみると

速度の単位・名称 bps B/s
単位の読み方 ビット/秒 バイト/秒
LAN
wi-fi
100Mbps
1Gbps
10Gbps
13MB/s
130MB/s
1.3GB/s
USB2.0
USB3.0
USB3.1(Gen1)
USB3.1(Gen2)
480Mbps
5Gbps
5Gbps
10Gbps
60MB/s
630MB/s
630MB/s
1.25GB/s
Thunderbolt v1
Thunderbolt v2
Thunderbolt v3
10Gbps
20Gbps
40Gbps
1.25GB/s
2.5GB/s
5GB/s
SATA
SATA2.0
SATA3.0
1.5Gbps
3Gbps
6Gbps
190MB/s
380MB/s
750MB/s

 

ところで、この表はその規格が作られたときの「規格値」であって、実際に使うときのスピードではありません。

実際には、身の回りにある電磁波(電子レンジなど)の影響やノイズで遅くなることが多々あります。

どれくらいのスピードが気になる方は、ツールなどを使って今の環境で実際にでるスピードを調べることが必要です。

 

Wi-Fiなどのネットのスピードを調べる

ネットの回線速度を調べる

fast.com

wifiなどのネット回線は、速度を調べるネットサービスがあります。

例えば、「光回線なのに今日は絶望的に遅いな」と感じるとき

fast.comでの回線速度測定の結果

こんなふうに、光回線なのに絶望的なスピードになっていることがあります

1.6Mbpsなので200KB/sということになります。

つまり、1秒間に200KB。

スマホ写真の3MBの画像ならば15秒もかかってしまう計算です。

ぜひ調べて見られてください

絶望中・・・

USBメモリやSSD・HDDの速度を調べる

windows10 → CrystalDiskMark

Mac → AJA System Test Lite

win10の場合、CrystalDiskMarkがスタンダードで、皆が使われているスピードテストのソフトです。

実際に調べてみると

SSDを使っていまして、読み出しで550MB/sです。

550MB/sをMbpsに変換すると、4.4Gbpsになります。

最初の表に照らし合わせるとSATA3の6Gbpsに足りない感じですね。

 

-PC&スマホ

Copyright© MeeMee , 2020 All Rights Reserved.